フライパンの素材で使い方が変わる

フライパンの使い分けで料理が変わる

毎日フライパンや鍋でたくさんの料理を作っていることと思います。
例えば野菜炒め。
テレビなどでプロの料理人がフライパンを器用に返しながら、炒めている姿を誰でも一度ならず見ていることでしょう。
強力な火で調理ができるし火の加減もフライパンの使い方でできます。
よって、野菜炒めから所謂鉄板焼きの料理などは大変美味しく仕上がります。
中華はもちろん屋台の焼きそばが特別美味しいと感じませんか?

生のサラダに添えて卵焼きなら、テフロン加工の小さ目フライパンで充分焦げずに、半熟も簡単。
少量の料理をさっと作るのに向いてます。

ガラスは素材の味を活かす煮物などに向いてます。
そのままレンジに直行もできるので、煮なおして崩れる心配もありませんね。

ステンレスもガラス同様余熱料理ができます。
最近は無水調理も可能なものがあります。

IHやレンジに対応したフライパン

最近の商品は殆どIHも直火もOKというものが多いですね。
そしてガラスだけでなく、アルミニュウムを基盤としたコーティングのフライパンもレンジ使用が可能な製品がたくさんあります。
ガスの様に火の心配がないのでちょっと場所を外しても、心配ありません。
コーティングも何層にもなっているため、ちょっと傷がついても人体に影響がなく、また影響が出やすい成分そのものを使ってないもの開発されています。
料理の内容もその素材より深さで考えて、鍋物や煮物から簡単な野菜炒めまでこなせます。
取っ手が外せてそのまま冷蔵庫からレンジへと大変便利になっています。
それぞれの特性を生かし、アルミ素材の鍋底をステンレスでコーティングしてレンジに使えるようになったフライパンも登場。
色々便利になってきましたね。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page
top