意外と古くから使われていたフライパン

まずはその特質を理解しましょう。

フライパンの素材は大きく分けて、鉄、アルミニュウム、ガラス、ステンレスなどになります。
一番多いのが、アルミニュウムの鍋底にコーティングをほどこしたものかと言えます。
多くの人が焦げない、軽い、メンテナンスが簡単など、現状のフライパンで気になるところを改善されたフライパンがあったらなぁと感じていると思います。
そこで、テフロン加工やデイヤモンドコーティング、最近ではマーブルコーティングなども登場して
より持ちやすく、汚れもさっと落ちる、または、少しの火力でも味の良いお肉が焦げずに焼けるなどの新製品が登場しているわけですね。
素材には長所と短所があります。
そちらも理解した上で一番相応しいフライパン選びをしましょう。

それぞれの素材の特徴

鉄のフライパンの特徴としては、強い火力が使える。
熱伝導は比較的早く、油も馴染むなど、強火の料理にむいていると言えます。
しかしながら、錆びることもあるので、お手入れが面倒とも言えます。

アルミニュウムは、熱伝導で言えば鉄を上回ります。
火力が弱くてもさっと料理ができます。
とわ言え、あまり高熱の料理ではアルミが溶けて成分が食材とともに体内に備蓄されるのではないかなどの心配があります。

ガラスはもちろん耐熱ガラスですので、強火でひび割れるなどの心配はありません。
その熱が長時間持続するため、保温ができます。
食材に器具による味などが残らず、そのまま冷蔵庫で保存しても臭いも残りません。
若干重く、熱伝導が悪く、乱暴に扱えば当然割れてしまいます。

ステンレスは熱伝導はあまり良いとは言えませんがガラス同様熱の持続性は高いと言えます。
丈夫なので長く使えます。
食材がくっつきやすく、焦げやすいのが難点と言えます。



この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ

Page
top