フライパンの種類とその特徴

奥深いフライパン

素材とその特徴

古代メソポタミアの遺跡から発見されたと言いますから、紀元前のはるか昔から人々が使っていたと言われています。
素材は銅だった様です。
狩猟生活から農耕生活へ進化し、ヒツジ、ヤギ、牛などから乳製品も食していた様なので、火を使うアイテムが必要となったのでしょう。
古代の人々はフライパンでいったいどんな料理を作っていたのでしょうね。
とても興味深いですしわくわくしますね。
農耕文化もできて小麦なども栽培され、以外と現代に近い料理も作れていたようです。
知らなかったとは言え驚きですね。
フライパンの形状は今と大きく変わった印象はありませんのでその後時代とともに、文明の利器に合わせてより使い勝手の良いものに、変わっていったのでしょうね。
片手使用なので、より軽いもの、より熱伝導の高いものに改善され、それは現在も続いています。
現在ではそれぞれの短所となりうる要因を様々な加工を施し、より使いやすくを目標に進化し続けています。
フライパンは何層にもコーティングされています。
マーブル(大理石)コーティングはフッ素コーティングの進化バージョンです。
ダイヤモンドコーティングもほぼ同じでどちらも鍋底はアルミになります。
アルミニュウムである理由は熱伝導が非常に高いという事です。
いずれにしても便利で使いやすくなったフライパンではありますが、コーティングは必ず劣化しますので、使用後のメンテナンスを怠らないよう丁寧に長持ちさせて使いましょう。

意外と古くから使われていたフライパン

今やどこでも売っているフライパンですが、実は沢山の種類があることをご存知ですか? 素材も鉄、ステンレス、アルミニュウム、ガラスなど。 最近は表面素材を加工したテフロンなどが主流かと思います。 夫々の熱伝導率などから、どの様な違いがあるかを探っていきましょう。

フライパンの素材で使い方が変わる

作る料理によってどのフライパンを使うか、美味しい料理を作るためにもその素材を理解して使い分ける事が大切です。素材にはそれぞれの特徴があるので、その性質を理解して美味しい料理を作りましょう。 そのために色々な種類のフライパンがあれば便利ですが、一つ二つのフライパンも特性を知って上手に使っていきましょう。

フライパンと栄養

フライパンについて色々学んでいくと、意外に知らなかったこと多いと気が付きます。 鍋もフライパンも日常当たり前に使っているだけに、深く考えたことがなかったと思います。 少し気になったことがあっても特別考えることもなくなんとなくスルーしてしまったことをもう一度考えてみませんか。

Page
top